ホームページ作成に最適!おすすめサーバーを解説します

2019年9月19日

kreatikar / Pixabay

個人でブログやポートフォリオサイトなどを作成したいというニーズは年々増えていますが「レンタルサーバー」を借りるとき、いったいどれを選べばよいか迷ってしまいませんか?

この記事では、ホームページを作るときに気にしたいサーバー選びのポイントを紹介します。サーバーの比較と簡単なレビューも掲載するので参考にしてみてください。

2020年9月版 ホームページに最適!個人向けサーバー比較表

ホームページ作成におすすめの個人向けサーバーを一覧表にしました。

サービス名初期費用 (+税)月額料金 (+税)無料期間ディスク容量1日の転送量マルチサイトおすすめ度
エックスサーバー3,000円900円 ~10日間200GB ~70GB ~無制限
100%
スターサーバー1,500円 ~126円 ~14日間10GB ~1.6GB ~20個 ~
75%
さくらのレンタルサーバー953円 ~119円 ~14日間10GB ~40GB ~20個 ~
80%
ロリポップ!1,500円100円 ~10日間10GB ~40GB ~20個 ~
90%
ヘテムル2,000円800円 ~15日間256GB120GB無制限
80%

プランによってサービス内容が異なりますが、今回は一番下のプランを掲載しています

価格だけでサーバーを選ぶのはNG!

ホームページを作るにあたってサーバーは大切な要素のひとつです。

価格が安い!という理由だけでサーバーを決めてしまう人もいますが、サーバースペック、容量、サポート体制はさまざまで、安易に契約してしまうとのちのち困ってしまうことにもなりかねません。

次の章で解説するサーバー選びのポイントを抑えてから、価格と機能の両方の視点で最適なものを選ぶようにしましょう。

サーバー選びで意識したい4つのポイント

サーバーを選ぶ際に初心者が注目すべきポイントを4つ紹介します。

基本的なサーバー機能が十分

geralt / Pixabay

基本的なサーバー機能として、ディスク容量や転送量、マルチドメインなどがあります。

WordPressを使うならMySQLやPHPのサポートも必須ですが、個人でホームページを運営する程度であればそこまで厳密にスペックを意識する必要はありません。

例えば、定番のエックスサーバーなら「X10プラン」でも必要十分です。

ディスク容量 200GB
転送量 70GB/日
メモリ 256GB
マルチドメイン 無制限

マルチドメインとは、1つのサーバーで運営できるホームページの数のことです

セキュリティ対策が万全

pixelcreatures / Pixabay

近年増加しているサイバー攻撃から自分のホームページを守るため、セキュリティ対策は必要不可欠です。

サーバーには次のようなセキュリティ対策があります。

無料のSSL

SSLは、Webブラウザとサーバーの間で行われる通信をHTTPSという仕組みで暗号化し、第三者による覗き見を防止します。

通信を暗号化するメリットは「セキュリティの向上」「信頼性の向上」「検索順位の向上」です。例えば個人情報を入力するようなサイトでは、通信を暗号化することでユーザーが安心して利用できるようになります。

また、近年Google社のChromeブラウザはHTTPS化していないサイトに対して警告を出しています。警告を見たユーザーはどうしても不安に思うため、SSLに対応することは必須条件となりつつあります。

特に無料で証明書を発行する「Let’s Encrypt」に対応したサーバーがおすすめです。

ファイアウォール

サーバーが設置されたネットワークへの不正アクセスを防ぐのがファイアウォールの役割です。第三者からの不正侵入を防止したり、攻撃をブロックするのに使われます。

WAF

WAFはWeb Application Firewallの略語で、ホームページをはじめとするWebアプリケーションの保護に特化したセキュリティ対策です。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといった攻撃を防ぎます。

IDS / IPS

不正侵入の検知(IDS)と不正侵入の防止(IPS)機能です。

ファイアウォールだけでは検知できない悪意あるトラフィックからサーバーを守ります。

Web改ざん検知

サーバーに置かれたホームページなどのコンテンツが改ざんされていないか常時監視するシステムです。コンテンツの改ざんを検知した場合はメールなどで管理者にお知らせします。

WordPressに対応している

WordPress

formsteller_de / Pixabay

WordPressを利用すると誰でも簡単にブログやホームページを作ることができます。

しかし、はじめてホームページを作る人の中にはWordPressを自分でインストールするのは不安という人もいるのではないでしょうか?

そんなときは、エックスサーバーなどWordPressをワンクリックで自動インストールしてくれる機能に対応したサーバーを選ぶと便利です。

価格が予算内に収まっている

stevepb / Pixabay

そして最後は価格です。料金プランとスペック、サービスを照らし合わせて予算内に収まっていることを確認してください。

サーバーの中には長期間契約すると割引が効くものがあります。どの程度サーバーを使い続けるかはなかなか判断しづらいものですが、自分が今見えている範囲でもっともお得な期間で契約しましょう。

個人向けおすすめサーバーの特徴とその機能

どんなサーバーがあるか検討もつかない!

そんな人に向けて、編集部おすすめのサーバーを特徴と機能で紹介します。

北河
評判の高い定番のレンタルサーバーをピックアップしました

エックスサーバー

おすすめ

エックスサーバー

プラン詳細X10X20X30
費用
初期費用 (+税)3,000円
月額料金 (+税)900円 ~1,800円 ~3,600円 ~
無料お試し期間10日間
機能・性能
ディスク容量SSD RAID10200GB300GB400GB
1日の転送量70GB90GB100GB
データベースMySQL50個70個70個
マルチドメイン無制限

エックスサーバー株式会社が2004年にサービスを提供開始したのが、「XSERVER(エックスサーバー)」です。

月々900円から利用できるため個人でも使いやすいため、ブロガー、アフィリエイターからも人気があります。

最新のCPU・大容量メモリ・SSDを採用しているほか、大量アクセスに強いNginxと呼ばれるWebサーバーソフトウェアを採用しているため、サイトの応答速度が高速になります。

公式サイトを確認する

北河
エックスサーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
エックスサーバー

おすすめ度 100% 評価: 5.0(1件のレビュー) エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が2004年から運営している高機能、高品質なレンタルサーバーです。 月額900円からと低価格ながら、 ...

続きを見る

スターサーバー

スターサーバー

プラン詳細エコノミーライトスタンダードプレミアムビジネス
費用
初期費用 (+税)1,500円5,000円
月額料金 (+税)126円 ~200円 ~400円 ~1,000円 ~3,000円 ~
無料お試し期間14日間
機能・性能
ディスク容量SSD10GB50GB100GB150GB200GB
1ヶ月の転送量50GB150GB300GB1,000GB2,000GB
データベースMySQL×1個20個50個100個
マルチドメイン20個50個無制限

StarServer(スターサーバー)はネットオウル株式会社が2009年から運営しているレンタルサーバーです。

WordPressには対応していませんが、エコノミークラスであれば月額126円という格安料金で利用できます。

全プランでSSDを採用し、ページ読み込み速度の高速化、大量アクセスに強いレンタルサーバーです。

キャンペーンが頻繁に開催されており初期費用が無料になることもあるため、費用を抑えたい場合に最適です。

公式サイトを確認する

北河
スターサーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
スターサーバー

おすすめ度 75% 評価: 4.0(1件のレビュー) スターサーバーはネットオウル株式会社が運営しているレンタルサーバーで、同社がこれまで提供していたミニバード、ファイアバード、クローバーの3つのサー ...

続きを見る

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバー

プラン詳細ライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド
サーバ (専有)
費用
初期費用 (+税)953円4,762円45,000円 〜
月額料金 (+税)119円 ~396円 ~1,190円 ~1,984円 ~3,571円 ~11,000円 ~
無料お試し期間14日間
機能・性能
ディスク容量SSD-360GB
HDD10GB100GB200GB300GB500GB700GB
1日の転送量40GB80GB120GB160GB200GB200GB
データベースMySQL×20個50個100個無制限
マルチドメイン20個20個30個40個40個無制限

さくらのレンタルサーバーは、さくらインターネット株式会社が1996年に提供を開始した歴史と実績のある老舗のサーバーです。

最も安いプランでひと月々119円から利用できるのが魅力的です。また、料金プランが多いため目的に合わせて最適なものを選択することができるのは便利です。

全プランでHTTP/2・無料の独自SSL・PHP5/PHP7・マルチドメインに対応し、スタンダードプラン以上では、WordPressの簡単インストールにも対応しています。

公式サイトを確認する

北河
さくらのレンタルサーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
さくらのレンタルサーバー

おすすめ度 80% さくらのレンタルサーバーは老舗のさくらインターネット株式会社が運営しているレンタルサーバーサービスです。 ひと月119円から使える共用サーバーから貸切型の専用サーバーまでの幅広いプ ...

続きを見る

ロリポップ!

ロリポップ!

プラン詳細エコノミーライトスタンダード エンタープライズ
費用
初期費用 (+税) 1,500円 3,000円
月額料金 (+税)100円 ~250円 ~500円 ~2,000円 ~
無料お試し期間10日間
機能・性能
ディスク容量10GB50GB120GB400GB
1日の転送量40GB60GB100GB無制限
データベースMySQL×1個30個100個
マルチドメイン20個50個100個無制限

ロリポップ!はGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーがです。

ストレージはHDDですが、下位プランのエコノミーなら月額100円で利用することができます。

また、SSDに対応したハイスピードプランも用意されており、選択の幅が広いのが特徴です。

高速表示を可能とする「ロリポップ!アクセラレータ」やHTTP503エラーを表示させにくくする、「同時アクセス拡張機能」により、アクセス集中時にも強いのがメリットです。

公式サイトを確認する

北河
ロリポップ!のさらに詳しいレビューはこちらから
ロリポップ!
ロリポップ!

おすすめ度 90% ロリポップ!は、GMOペパボ株式会社が運営しているひと月100円から利用出来る格安レンタルサーバーです。4つのプランが用意されており、どのプランも一般的な格安レンタルサーバーを更に ...

続きを見る

.heteml(ヘテムル)

.heteml(ヘテムル)

プラン詳細ベーシックプラス
費用
初期費用 (+税)2,000円
月額料金 (+税)800円 ~1,600円 ~
無料お試し期間15日間
機能・性能
ディスク容量All SSD200GB300GB
1日の転送量80GB120GB
データベースMySQL70個100個
マルチドメイン無制限

.heteml(ヘテムル)はロリポップ!と同じくGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーです。

月額料金は800円からでベーシックとプラスの2つのプラン構成はシンプルでわかりやすいです。

すべてのプランでSSD・大容量の128GBの高速バックボーン、Xeon20コア以上のCPUを搭載しており、快適な運用がおこなえます。

また、自動バックアップやWordPressの簡単インストールといった機能が用意されているため、初心者でも安心して運用をおこなえます。

ロリポップ!の一部プランと構成が被っていますが、こちらはサーバーの稼働率を公開しているなど、ビジネス寄りのユーザーを意識したサービスになっています。

公式サイトを確認する

北河
.heteml(ヘテムル)のさらに詳しいレビューはこちらから
.heteml(ヘテムル)

おすすめ度 80% .heteml(ヘテムル)は、GMOペパボ株式会社が運営しているレンタルサーバーで、月額800円から利用することが出来ます。 高性能なサーバーに大容量のバックボーンを備えており、個 ...

続きを見る

初心者におすすめなのはエックスサーバー!

初心者がホームページを作成する上で、特におすすめしたいのはエックスサーバーです。

ページの表示速度が速い点、サーバー稼働率が99.99パーセントと安定している点、運用実績があり情報が豊富な点は、ホームページの作成だけに集中できるといった点でメリットです。

管理画面もシンプルなため、はじめてサーバーを利用する人にとっても設定しやすいのが特徴です。

引用:サーバーパネル - エックスサーバー

そのほか、自動バックアップ・WordPressの簡単インストール・無料の独自SSLといった機能に加えて電話サポートにも対応しています。

実際の評判も上々で定番のサーバーともいえます。

https://twitter.com/tsugumi_tsugu3/status/1146080724631486464?s=20

まとめ

レンタルサーバーを選ぶ際は価格だけで判断せずに、機能・セキュリティ対策・価格、そしてWordPress対応の4つを必ずチェックしましょう。

特に初めてホームページを作成する人はWordPressの簡単インストールに対応したサーバーがおすすめです。

  • この記事を書いた人
レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索の北河です。レンタルサーバーの選び方がわからない・・・。そんな方に向けて、現役IT技術者の観点からポイントを抑えた比較術をご紹介していきます!

-初心者向け記事
-,

Copyright© レンタルサーバー比較×検索 , 2020 All Rights Reserved.