レンタルサーバーって沢山ありすぎて何を選んだらいいかわからない・・・・。

ブログや企業サイト、ネットショップ、自社で開発した独自のWebサービスなど、インターネット上で何かを公開するには、レンタルサーバーの存在が欠かせません。

このサイトでは、各社のレンタルサーバーを用途別に分析・比較して、あなたの目的に一致したレンタルサーバーを探すためのお手伝いをします!

用途別のおすすめサーバーはコチラから簡単比較!

使用用途に応じたおすすめサーバーを簡単にまとめました。更に詳しい情報は、各レンタルサーバーのレビュー記事から確認できます。

また、「【2019年最新】レンタルサーバー比較 ~ おすすめプランを解説」の記事では比較のポイントをより詳しく解説しているので、どこに着目したらよいかわからないという人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ
【2019年最新】レンタルサーバー比較 ~ おすすめプランを解説

ブログ・ホームページ、ネットショップといったいわゆる「Webサイト」を自前で運営するには、レンタルサーバーの契約が欠かせません。 しかし、単に「レンタルサーバー」と検索してみても沢山見つかりすぎて、ど ...

続きを見る

北河
定番のレンタルサーバーを比較できるようにしました。特にこだわりがなければこのリストから選ぶと間違いありません。

個人サイト向けレンタルサーバー

個人向けサイトにおすすめのレンタルサーバーは以下のとおりです。

総合性能では「エックスサーバー」や「mixhost」、初心者には「ロリポップ!」がおすすめです!

また、比較するときは価格とディスク容量、1日の転送量、マルチサイトを中心にチェックしましょう!

エックスサーバー

おすすめ

エックスサーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
3,000円900円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量 マルチサイトデータベース
200GB ~70GB ~無制限50個 ~

レンタルサーバーで一番人気の定番といえばエックスサーバーです!月額900円からプランが用意されているため、個人であっても十分手が届きます。

また、同じ価格帯のサーバーの中ではトップレベルの性能と応答速度を備えているため、ブログやアフィリエイトサイトなどの個人用途はもちろん、それを上回る小規模~中規模までの法人サイトまで幅広く対応することができます。

WordPressの簡単インストールにも対応しており、マルチドメインを活かして複数サイトをガンガン運用することができます。

公式サイトを確認する

北河
エックスサーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
エックスサーバー

おすすめ度 100% 評価: 5.0(1件のレビュー) エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が2004年から運営している高機能、高品質なレンタルサーバーです。 月額900円からと低価格ながら、 ...

続きを見る

mixhost

mixhost

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円880円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1ヶ月の転送量マルチサイトデータベース
150GB ~2TB ~無制限無制限

mixhostは最新技術を積極的に取り入れてパフォーマンスアップを図っていることで話題のレンタルサーバーです。

次世代のWebサーバーソフトウェアとして注目を浴びているLiteSpeedを採用しているなど、パフォーマンスアップを狙っている方にとってエックスサーバーと並び有力な候補になるでしょう。

また、mixhostではアダルトサイト、同人サイトの運営が正式に認められている点も見逃せません。 エックスサーバーなど他のレンタルサーバーでは、アダルトサイト、同人サイトの運営が禁止されているため、これらのコンテンツを掲載したい人はぜひmixhostを使いましょう!

公式サイトを確認する

北河
mixhostのさらに詳しいレビューはこちらから
mixhost

おすすめ度 90% mixhostは、アズポケット株式会社が2016年6月にサービス提供を開始した新興のクラウド型レンタルサーバーです。 国内では数少ないアダルトコンテンツ、二次創作コンテンツに完全対 ...

続きを見る

ロリポップ!

ロリポップ!

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
1,500円100円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
10GB ~40GB ~20個 ~0個 ~

ロリポップ!は150万人以上が利用している定番のレンタルサーバーです。

データベース不要のエコノミープランなら月額100円、データベースを1つ付けたライトプランでも月額250円という料金設定のため、初めてレンタルサーバーを借りる人や無料サーバーからレベルアップを図ろうとしている人におすすめです。

ライトプラン以上では、WordPress、EC-CUBEなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)にも対応しているため、十分なコンテンツ量を備えたパワーサイトの構築にも役立ちます。

エックスサーバーやmixhostなどの定番レンタルサーバーと比較すると少し貧弱ですが、個人が使う最初の1台としては十分な性能を発揮します!

公式サイトを確認する

北河
ロリポップ!のさらに詳しいレビューはこちらから
ロリポップ!
ロリポップ!

おすすめ度 90% ロリポップ!は、GMOペパボ株式会社が運営しているひと月100円から利用出来る格安レンタルサーバーです。4つのプランが用意されており、どのプランも一般的な格安レンタルサーバーを更に ...

続きを見る

法人サイト向けレンタルサーバー

企業の公式サイト、サーバーの再販ビジネスなど、法人ユーザーにおすすめのレンタルサーバーは以下のとおりです。

総合性能ではエックスサーバーのビジネス版として新登場した「エックスサーバービジネス」がイチオシ。

そのほか、老舗の専用サーバー「KAGOYAマネージド専用サーバー」、リソース無限を宣言している「CPIレンタルサーバー」などがビジネス用途としておすすめです。

エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネス

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
15,000円3,420円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量 マルチサイトデータベース
200GB ~無制限無制限無制限

エックスサーバービジネスは、法人・企業といったビジネス利用を目的としたエックスサーバーの専用プランです。

WAFやネットワークの脆弱性を定期的に診断するセコムセキュリティも導入しており、セキュリティ面においてもビジネス用途に最適化されており、これまでの上位プランであるシックスコアを上回るサービスを提供しています。

専用サーバーを借りるほどではないけど、堅牢な運営でビジネスに適したサーバーがほしい、という人に特におすすめです。

また、「設定代行サービス」も備えており、これまで使用していた旧サーバーからの移転作業を専門スタッフが無償で対応してくれるのも魅力の一つです。

公式サイトを確認する

KAGOYAマネージド専用サーバー

KAGOYAマネージド専用サーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
9,000円 ~2,700円 ~専用サーバーなし
ディスク容量1日の転送量 マルチサイトデータベース
320GB ~無制限無制限無制限

KAGOYA(カゴヤ)の魅力は高セキュリティと充実したサポート体制で、誰でも簡単・安全にサイトを運営することができる点です。

WAF+IPSに加え、自動バックアップを標準搭載しており、セキュリティ観点とユーザー操作ミスの観点の両方に万全の備えで臨む事ができます。

また、24時間365日メールサポートに加え、土日祝も電話サポートを利用できる点も法人向けに人気が高い理由のひとつです。

公式サイトを確認する

北河
KAGOYAマネージド専用サーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
KAGOYAマネージド専用サーバー

おすすめ度 80% KAGOYA(カゴヤ)マネージド専用サーバーは、カゴヤ・ジャパン株式会社が運営している専用レンタルサーバーサービスです。 KAGOYAでは個人から企業まで幅広いユーザーをターゲット ...

続きを見る

CPIレンタルサーバー

CPIレンタルサーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円3,800円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
無制限無制限無制限無制限

共用サーバーで本格的なビジネスサイトを構築するなら、ディスク容量、データベース、マルチサイト、メールアドレスがすべて無制限で、自動バックアップ標準搭載、テストサーバー、品質保証制度(SLA)まで備えたCPIレンタルサーバーがおすすめです。

月額3,800円は共有サーバーとしてかなり高額ですが、専用サーバーまでは不要という場合だったり、再販でサイトを多数運用するという場合は、複数のサービスを契約するよりコストダウンができることもあります。

大規模なサイトで、万全のセキュリティを備えた運営がしたい!、パートナー制度も契約して再販も含めたビジネスを展開したい!など、ただ自分のホームページを開設するよりも広い範囲でサーバーの利用を考えているのであれば、CPIレンタルサーバーが有力な候補に挙がるでしょう。

公式サイトを確認する

北河
CPIレンタルサーバーのさらに詳しいレビューはこちらから
CPIレンタルサーバー

おすすめ度 80% CPIレンタルサーバーは、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが運営しているレンタルサーバーサービスで、自動バックアップ標準搭載、テストサーバー、品質保証制度(SLA)ありと ...

続きを見る

WordPress専用レンタルサーバー

話題のCMS「WordPress」を使うのにおすすめのレンタルサーバーは以下のとおりです。

総合的にはNginxを採用しており、信頼性とパフォーマンスに実績のある「wpX」がおすすめ。

そのほか、COREPRESS クラウドなどもありますが、全体的に数が少ないため、WordPressに特化するならwpX一択という状況です。

wpX

wpX

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
5,000円 ~1,000円 ~共用サーバー14日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
30GB50GB10個10個

wpXは、WordPressだけに特化した専用サーバーです。

エックスサーバーの基本性能を受け継いだことに加えて、SSDストライピングとリバースプロキシの採用によるキャッシュ処理など、WordPressに特化したチューニングが加えられている点が特徴的です。

共用サーバー以外に、7つのグレードから選べるクラウドプランも用意されており、サイトの運営規模に合わせた柔軟な運用が可能です。 WordPressだけ使いたい!という場合は「wpX」も検討してみましょう。

公式サイトを確認する

北河
wpXのさらに詳しいレビューはこちらから
wpX

おすすめ度 85% wpX(ダブリューピーエックス)は、エックスサーバー株式会社が運営しているWordPress専用に最適化されたレンタルサーバーです。 エックスサーバーゆずりの最新高性能なサーバーと ...

続きを見る

インターネットで情報を発信するにはレンタルサーバーが必要です!

レンタルサーバーとは、すなわち、「Webサイトを設置可能なサーバーをレンタルするサービス」のことです。

個人のブログや企業の公式サイト、ニュースのまとめ記事など、いわゆる「Webサイト」をインターネット上に公開するには、コンテンツの元になる画像やテキストファイルをWebサーバーと呼ばれる専用のコンピューターに保存しておく必要があります。

Webサーバーには、個人で使っているパソコンに近い性能のものから、高価な専用部品を使ったものまでさまざまな種類がありますが、インターネットに公開するための環境構築や運用・保守には、コンピューター全般に関する高度な知識と経験が必要になります。

また、停電や地震など予期せぬ災害が起きても大事なデータが失われないようにするためには、データセンターと呼ばれる特別な施設にWebサーバーを設置しなければなりません。

これらの運用、保守・管理をあなたの代わりに担ってくれるのが「レンタルサーバー」です。

レンタルサーバーを利用することで、あなたはWebサーバーの運用・保守に関する煩わしい作業を一切せず、コンテンツの制作に集中することが出来ます。

メモ

一部を借りるサービスは、他の利用者と同じサーバーを共有することから「共用サーバー」、1台丸ごと借りるサービスはサーバーを独占できることから「専用サーバー」と呼ばれています。また、その中間になる「VPS」など契約に応じたサーバーの種類が存在します。

レンタルサーバーの比較に役立つ情報をお届けします!

本サイトでは各社各様のレンタルサーバーに焦点をあて、ディスク容量やマルチサイト、月々の利用料金などさまざまな観点から他社多様なサービスを分析・比較し、レンタルサーバー選びに役立つ情報を随時お届けしていきます。

また、目的・用途を想定した上でレンタルサーバーを比較していきますので、沢山あるレンタルサーバーの中からどれを選んだらよいか迷ってしまった時は、ぜひ本サイトの情報を参考にしてみてください。

本サイトの情報がレンタルサーバー選びに少しでも役立てば幸いです。

このサイトに掲載している料金は、基本的に一番下のプラン、かつ、長期契約割り引きを含めたものです(税抜き)

Copyright© レンタルサーバー見つけ隊 , 2019 All Rights Reserved.