イチオシレンタルサーバー比較表

サービス名初期費用月額料金ディスク容量1日の転送量マルチサイト
エックスサーバー3,000円900円 ~200GB ~70GB ~無制限
mixhost0円880円 ~150GB ~66GB ~無制限
ロリポップ!1,500円100円 ~10GB ~40GB ~20個 ~
KAGOYA0円800円 ~100GB ~120GB ~無制限
CPIレンタルサーバー0円3,800円 ~無制限無制限無制限

メモ

※価格はすべて税抜き

個人サイト向けレンタルサーバー比較ランキング

個人向けサイトにオススメのレンタルサーバーを比較してランキングにまとめました。総合性能では「エックスサーバー」や「mixhost」、初心者には「ロリポップ!」がオススメです!

エックスサーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
3,000円900円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量 マルチサイトデータベース
200GB ~70GB ~無制限50個 ~

レンタルサーバーで一番人気の定番といえばエックスサーバーです!

月額900円からプランが用意されているため、個人であっても十分手が届きます。

また、同じ価格帯のサーバーの中ではトップレベルの性能と応答速度を備えているため、ブログやアフィリエイトサイトなどの個人用途はもちろん、それを上回る小規模~中規模までの法人サイトまで幅広く対応することができます。

WordPressの簡単インストールにも対応しており、マルチドメインを活かして複数サイトをガンガン運用することができます。

mixhost

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円880円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1ヶ月の転送量マルチサイトデータベース
150GB ~2TB ~無制限無制限

mixhostは最新技術を積極的に取り入れてパフォーマンスアップを図っていることで話題のレンタルサーバーです。

次世代のWebサーバーソフトウェアとして注目を浴びているLiteSpeedを採用しているなど、パフォーマンスアップを狙っている方にとってエックスサーバーと並び有力な候補になるでしょう。

また、mixhostではアダルトサイト、同人サイトの運営が正式に認められている点も見逃せません。エックスサーバーなど他のレンタルサーバーでは、アダルトサイト、同人サイトの運営が禁止されているため、これらのコンテンツを掲載したい人はぜひmixhostを使いましょう!

ロリポップ!

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
1,500円100円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
10GB ~40GB ~20個 ~0個 ~

ロリポップ!は150万人以上が利用している定番のレンタルサーバーです。

データベース不要のエコノミープランなら月額100円、データベースを1つ付けたライトプランでも月額250円という料金設定のため、初めてレンタルサーバーを借りる人や無料サーバーからレベルアップを図ろうとしている人にオススメです。

ライトプラン以上では、WordPress、EC-CUBEなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)にも対応しているため、十分なコンテンツ量を備えたパワーサイトの構築にも役立ちます。

エックスサーバーやmixhostなどの定番レンタルサーバーと比較すると少し貧弱ですが、個人が使う最初の1台としては十分な性能を発揮できます!

法人サイト向けレンタルサーバー比較ランキング

企業の公式HPなど法人向けサイトにオススメのレンタルサーバーを比較してランキングにまとめました。総合性能ではリソース無限を宣言している「CPIレンタルサーバー」がイチオシ。その他高セキュリティの「KAGOYA」、エックスサーバーの強化版である「シックスコア」などがビジネス用途としてオススメです。

CPIレンタルサーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円3,800円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
無制限無制限無制限無制限

共用サーバーで本格的なビジネスサイトを構築するなら、ディスク容量、データベース、マルチサイト、メールアドレスがすべて無制限で、自動バックアップ標準搭載、テストサーバー、品質保証制度(SLA)まで備えたCPIレンタルサーバーがおすすめです。

月額3,800円は共有サーバーとしてかなり高額ですが、専用サーバーまでは不要という場合だったり、再販でサイトを多数運用するという場合は、複数のサービスを契約するより安く済むこともあります。

大規模なサイトで、万全のセキュリティを備えた運営がしたい!、パートナー制度も契約して再販も含めたビジネスを展開したい!など、ただ自分のホームページを開設するよりも広い範囲でサーバーの利用を考えているのであれば、CPIレンタルサーバーが有力な候補に挙がるでしょう。

シックスコア

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
6,000円1,800円 ~共用サーバー14日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
50GB ~70GB ~5個 ~5個 ~

シックスコアは費用と性能、機能のバランスが良く取れたビジネス向けレンタルサーバーです。

同社の兄弟サービスであるエックスサーバーを超えるような規模のサイト(例えば、WordPressのテキスト主体のサイトで同時アクセス数2000人、月間300万PVほど)でも耐えられることができるため、共用サーバーとしてほぼ最高クラスの能力といえます。

また、過去2年間のサーバー稼働率を公式サイトで公開しており、その実績は限りなく100%に近いものになっています。

稼働率99.99%などを売りにしているレンタルサーバーはいくつかありますが、実績まで公開していることは少なく、稼働率を公開すること事態がシックスコアの自信の現れといえます。

カゴヤ

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円 ~800円 ~共用サーバー14日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
100GB ~120GB ~無制限0個 ~

KAGOYA(カゴヤ)の魅力は高セキュリティと充実したサポート体制で、誰でも簡単・安全にサイトを運営することができる点です。

WAF+IPSに加え、自動バックアップを標準搭載しており、セキュリティ観点とユーザー操作ミスの観点の両方に万全の備えで臨む事ができます。

また、24時間365日メールサポートに加え、土日祝も電話サポートを利用できる点も法人向けに人気が高い理由のひとつです。

WordPress向けレンタルサーバー比較ランキング

今話題のCMS「WordPress」を構築するのにオススメのレンタルサーバーを比較してランキングにまとめました。総合的にはNginxを採用しており、信頼性とパフォーマンスに実績のある「エックスサーバー」がオススメ。また、LiteSpeedを採用しパフォーマンスアップを図っている「mixhost」も見逃せません。WordPressしか運営しないのであれば、「wpX」も有力候補にあがります。

エックスサーバー

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
3,000円900円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1日の転送量 マルチサイトデータベース
200GB ~70GB ~無制限50個 ~

共用サーバーとして定番のエックスサーバーですが、WordPressサイトの運用においても、高性能なサーバー、大容量のバックボーン、Nginx採用が有利に働きます。

一番下のX10プランでも、マルチドメインが無制限でデータベースが50個まで使えるので、たとえWordPressサイトを複数運営するような場面でも、エックスサーバー1台でカバーできます。

また最近、「Xアクセラレータ Ver.2」の導入により、WordPress処理速度が最大で10倍高速になりました。パフォーマンスを気にする人はこちらも一見の価値ありです。

wpX

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
5,000円 ~1,000円 ~共用サーバー14日間
ディスク容量1日の転送量マルチサイトデータベース
30GB50GB10個10個

wpXは、WordPressだけに特化した専用サーバーです。

エックスサーバーの基本性能を受け継いだことに加えて、SSDストライピングとリバースプロキシの採用によるキャッシュ処理など、WordPressに特化したチューニングが加えられている点が特徴的です。

共用サーバー以外に、7つのグレードから選べるクラウドプランも用意されており、サイトの運営規模に合わせた柔軟な運用が可能です。

WordPressだけ使いたい!という場合は、「wpX」も検討してみましょう。

mixhost

初期費用 (+税)月額料金 (+税)種類無料お試し期間
0円880円 ~共用サーバー10日間
ディスク容量1ヶ月の転送量マルチサイトデータベース
150GB ~2TB ~無制限無制限

積極的な技術投資を行っていることで人気が高いmixhostですが、LiteSpeed独自のキャッシュ機能LiteSpeed Cacheを標準で搭載するなど、WordPressの高速化にも力をいれています。

また、一番下のスタンダードプランでもマルチドメインとMySQLを無制限に使うことができるため、複数のWordPressサイトを制限なしに立ち上げることが可能です。

mixhostではアダルトサイト、同人サイトの運営も正式に認められています。これらのジャンルを取り扱う場合は、mixhostが最有力候補になるでしょう。

Webサイトの設置にはレンタルサーバーが必要です!

rosygown / Pixabay

レンタルサーバーとは、すなわち、「Webサイトを設置可能なサーバーをレンタルするサービス」のことです。

個人のブログや企業の公式ホームページ、ニュースのまとめサイトなど、いわゆる「Webサイト」をインターネット上に公開するには、コンテンツを表示する元になる画像やhtmlファイルをWebサーバーと呼ばれる専用のコンピューターに配置しておく必要があります。

Webサーバーには、パソコンとほとんど変わらないようなものから、専用の部品を使った高性能のものまで様々な種類がありますが、初期の環境構築や運用・保守を行うためには、コンピューター全般に関する特別な知識と経験が必要になります。

また、停電や地震など予期せぬ災害においても大事なデータが失われないよう、データセンターと呼ばれる特別な施設にWebサーバーを設置しておく必要があります。

これらの保守、管理、運用をあなたの代わりに一手に担ってくれるのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーを利用することで、あなたはWebサーバーの運用・保守に関する煩わしい作業を一切行うことなく、コンテンツの制作作業に集中することが出来ます。

メモ

一部を借りるサービスは、他の利用者と1台の同じサーバーを共有することから「共用サーバー」、1台丸ごと借りるサービスはサーバーを独占できることから「専用サーバー」と呼ばれています。

レンタルサーバーの比較に役立つ情報をお届けします!

ブログやアフィリエイトサイト、企業の公式ホームページなどをインターネット上に公開するためには、有料・無料を問わずレンタルサーバーは欠かすことの出来ない存在です。

一昔前のレンタルサーバーは、1ヶ月の利用料金が1万円を超えることも珍しくない上に、利用するための専門的な知識が必要とされていました。そのため、レンタルサーバーを利用するのは企業のIT担当者などが中心で、専門的な知識を持たない一般の人が利用することはほとんどありませんでした。

そんなレンタルサーバーもインターネットの普及に伴いサービス品質の向上と価格の下落が進み、現在では無料で利用出来るサービスや、一ヶ月数百円程度で利用出来るサービス、WordPressなど人気のコンテンツ管理システム(CMS)が簡単に利用できるサービスが登場するなど、誰でも気軽にレンタルサーバーを利用できる環境が整いつつあります。

現在、レンタルサーバーを提供している事業者は数多く存在しておりそのサービス内容もさまざまです。

本サイトでは各社各様のレンタルサーバーに焦点をあて、ディスク容量をはじめとする基本的なサービス内容や通信帯域などの応答性能、月々の利用料金など様々な観点から他社多様なサービスを分析・比較し、レンタルサーバー選びに役立つ情報を随時お届けしていきます。

また、目的・用途別にイチオシのレンタルサーバーを比較して行きますので、数あるレンタルサーバーの中からどれを選んだら良いか迷ってしまった時は、ぜひ参考にしてください。

本サイトの情報がレンタルサーバー選びに少しでも役立てば幸いです。

投稿日:2016年3月20日 更新日:

新着記事

特集記事

ロードバランサーの役割・仕組み、対応するレンタルサーバーを紹介!

2019/4/11    

アクセス過多による負荷分散を目的にレンタルサーバーでロードバランサーを構築したいと考えているIT担当者もいるかと思います。 この記事ではロードバランサーの仕組みや導入するメリットについて解説します。特 ...

特集記事

レンタルサーバーのバックアップの仕組みと種類を解説!

2019/4/5    

レンタルサーバーを検討する上で、業務に使うためバックアップ機能付きのものを探している人もいると思います。 一般的にレンタルサーバーでは、データの安全性を保つためにストレージにRAID構成を採用していま ...

特集記事

レンタルサーバーにおける固定IP・グローバルIPのメリット

商用サービスに使うためのレンタルサーバーを検討している場合、「固定IPアドレス(グローバルIPアドレス)」を選定条件のひとつに挙げることがあります。 レンタルサーバーでは、固定IPアドレスをオプション ...

特集記事

レンタルサーバー再販の注意点とビジネス向けおすすめサーバー

2019/3/20  

中小企業や店舗など、クライアントからWebサイトの構築を受注したり、保守・運用を任されたりするような仕事をしている場合、再販可能なレンタルサーバーが欠かせません。 レンタルサーバーの再販は広く知られて ...

Nginx

特集記事

Nginx対応のレンタルサーバーは?Apacheとの違いと優位点

2019/3/9  

ホームページを開設するためにレンタルサーバーを利用したいと考えている人も多いかと思います。そんな時に迷うのは、「サーバーソフトウェアは何を選べばいいか」ではないでしょうか? Webサーバーと言えば「A ...

Copyright© レンタルサーバー比較して見つけ隊! , 2019 All Rights Reserved.