ConoHa for Windows Server

2018年9月7日

みなさまからの口コミを募集中しています!

おすすめ度 80%

ConoHa for Windows Serverは、お名前.com等で有名なGMOインターネット株式会社のWindows Server専用VPS(仮想専用サーバー)です。

グループ企業が運営しているGMOクラウド VPSでもWindows Serverに対応していますが、ConoHa for Windows ServerではHyper-Vなどの高度な機能も利用することができ、よりWindows Serverに特化したサービス構成になっています。

ConoHa for Windows Serverのプラン詳細

プラン詳細WIN1GBWIN2GBWIN4GBWIN8GBWIN16GBWIN32GBWIN64GB
費用
初期費用 (+税)0円
月額料金 (+税)1,800円3,200円5,900円10,500円19,500円48,000円89,000円
無料お試し期間なし
機能・性能
CPU2コア3コア4コア6コア8コア12コア24コア
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
ディスク容量SSD50GB
1ヶ月の転送量無制限
ネットワーク100Mbps (共有)
コントロールパネル
開発環境
OSWindows Server 2019 Datacenter Edition / Windows Server 2016 Datacenter Edition
保守・サポート
自動バックアップ
電話サポート平日10:00~18:00
メールサポート24時間365日
契約途中のプラン変更
その他・制限事項
アダルトサイト×
再販

公式サイトを確認する

ConoHa for Windows Serverの注目ポイント

Windows Server対応で月額1800円から使える

ConoHa for Windows Serverは、月額1,800円からと比較的安価な価格設定に加えて初期費用無料、最低利用期間なし、転送量に対する課金も一切なしと、個人ユーザーや中小規模の企業でも使いやすい条件が整っています。

料金基準も明確で月の途中で解約した場合は、時間単位の課金へ自動的に切り替わり、常に一番安い料金になるよう計算されます。

標準でSSDを搭載しているため、パフォーマンスアップに関する追加費用もかかりませんが、ディスク容量はグレードにかかわらず50GB固定です。

Windows Server 2016 Datacenter Edition採用

ConoHa for Windows ServerのOSは、他のレンタルサーバーやVPSで広く採用されているStandard Editionではなく、より高機能なDatacenter Editionを採用しています。

Standard EditionとDatacenter Editionの違いの一つに仮想化マシンの台数制限があります。

Windows Serverでは、Hyper-Vと呼ばれる機能を使って1つのホストOS上に複数の仮想化マシン(VM)を構築することができます。

Standard EditionではVMの台数が最大2台に制限されるのに対し、Datacenter Editionでは無制限にVMを構築することができるため、1つの契約でも使用シーンや用途に合わせて最適なOSを使い分ける事ができます。

その他、Standard EditionとDatacenter Editionにはネットワークコントローラーの有無などの差異もあります。詳しくはMicrosoftの比較記事をチェックしてみてください。

いつでもどこでも自由にリモート接続可能

Windows Serverということで、標準でリモートデスクトップを利用することができます。

リモートデスクトップ / ConoHa for Windows Server

自宅やオフィスのPCからはもちろん、外出先であったりスマートフォンやタブレット端末からでも自由にリモート接続をして、サーバーの状態を確認したり操作したりする事ができます。

なお、通常のリモートデスクトップでは様々なソフトウェアを起動して作業することができますが、ConoHa for Windows Serverではサーバー管理用途に限定されていますので注意が必要です。

ConoHa for Windows Serverの総合評価は?

おすすめ度 80%

ConoHa for Windows ServerはOS環境が限定されているため、VPSにありがちな環境のセットアップをスキップして、簡単にWindows Serverを使い始める事ができます。

毎月定額制で通信負荷や解約時期に悩まなくて良いことも、初めてVPSを借りる人にとっては嬉しいポイントになるでしょう。

標準でSSDを搭載していることからパフォーマンス面での心配もありませんが、一方でグレードの高いプランを選んでもディスク容量は増えないという欠点もあります。

沢山のファイルをサーバー上に置きたい、などデーターサーバー的な使い方を考えている人は注意してください。

さらに詳しい情報は公式サイトから

ConoHa for Windows Server

平均評価:  
 0 件の口コミ
評判・口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

  • この記事を書いた人
レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索の北河です。レンタルサーバーの選び方がわからない・・・。そんな方に向けて、現役IT技術者の観点からポイントを抑えた比較術をご紹介していきます!

-VPS/クラウド, レビュー記事
-

Copyright© レンタルサーバー比較×検索 , 2020 All Rights Reserved.