CIPサーバー

2018年2月26日

みなさまからの口コミを募集中しています!

おすすめ度 80%

CIPサーバーは、無制限レンタルサーバー「MUGEN」や「TICサーバー」などを運営している セブンアーチザン合同会社のIP分散型のレンタルサーバーです。

10~80IPまでのクラスC IPアドレス分散に対応しており、1IP5ドメインでIP分散サーバーの中でスピードNo.1を謳っています。

CIPサーバーのプラン詳細

プラン詳細海外IP国内IP
費用
初期費用 (+税)2,778円 ~
IP単価 (+税)139円232円
月額料金 (+税)IP単価@139円×10=1,390円IP単価@232円×10=2,320円
無料お試し期間なし
機能・性能
DNSサーバー分散標準対応
ディスク容量1GB
1ヶ月の転送量無制限
データベースMySQL5個
SQLite
phpMyAdmin
マルチドメイン5個
メールアカウント5個
アンチウイルス-
スパムフィルタ-
メーリングリスト
FTPアカウント無制限
FTPS/SFTP-
WebDAV×
開発環境
対応プログラムCGI
.htaccess
PHP
Perl
Ruby
Ruby on Rails×
Python
SSI
簡単インストールMovable Type / WordPress
セキュリティ
HTTP over SSL/TLS共有 / 独自
WAFWeb Application Firewall×
IDS不正侵入検知システム×
IPS不正侵入防止システム×
保守・サポート
自動バックアップ×
電話サポート×
メールサポート24時間365日
その他・制限事項
アダルトサイト×
再販×

公式サイトを確認する

CIPサーバーの注目ポイント

サテライトサイトを1つのレンタルで構築できる

Google等の検索エンジンで自分のサイトを検索上位に表示したい場合、目的のサイトに複数の別サイト、いわゆる「サテライトサイト」からリンクを送るというSEO手法が使われることがあります。

通常マルチドメインに対応したレンタルサーバーや無料ブログを使ってサテライトサイトを構築することになりますが、このような方法はリンクを送るサイトのIPアドレスが偏ることにつながり、不自然なリンクとみなされる危険性があります。

IP分散に対応したCIPサーバーでは、1つ1つのサイトに対して別のIPアドレスを割り当てることが出来るため、上記のリスクを回避できます。

クラスC IPアドレスを80IPまで分散してサイトを運営できる

CIPサーバーではクラスCのIPアドレスを国内IP232円・海外IP139円から利用すること出来ます。

同社が運営しているTICサーバーと比較すると80IPと分散出来るIP数は少ないですが、国内IPの価格はCIPサーバーの方がリーズナブルです。

なお、1契約あたり 10IP(10サイト分)が最小単位となり、DNSサーバーも完全分散に対応しています。

トラフィック従量課金なし、スピードに自信あり

CIPサーバーはトラフィックの従量課金がありません。また、IP分散サーバーの中でスピードNo.1を謳っています。

同社のTICサーバーでネックになっていた通信スピードが改善されますので、表示速度を重視するような場合はCIPサーバーを選択した方が良いでしょう。

CIPサーバーの総合評価は?

おすすめ度 80%

CIPサーバーは他のIP分散サーバーと比較して、通信スピードに優れている点が魅力です。

1IPで5ドメインまで利用でき、サブドメインは無制限に利用可能です。また、Movable TypeやWordPressの簡単インストールにも対応していますので、それなりにコンテンツ量を持ったサテライトサイトを運用したいという場合に特におすすめです。

ただし、海外IPは1IP139円とTICサーバーなどに比べれば若干割り高になるので、コストパフォーマンス最優先の場合は他のサービスを検討してみると良いでしょう。

さらに詳しい情報は公式サイトから

CIPサーバー

平均評価:  
 0 件の口コミ
評判・口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

  • この記事を書いた人
レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索@北河

レンタルサーバー比較×検索の北河です。レンタルサーバーの選び方がわからない・・・。そんな方に向けて、現役IT技術者の観点からポイントを抑えた比較術をご紹介していきます!

-レビュー記事, 共用サーバー
-,

Copyright© レンタルサーバー比較×検索 , 2020 All Rights Reserved.